30代 婚活

30代未婚男性の場合

20〜30代の既婚男性を対象に、あるリサーチ会社が「結婚相手と知り合うきっかけ」を調査したところ、職場が同じ、友人の紹介が圧倒的に多いことが分かりました。また、婚活パーティ、お見合い、結婚相談所は20代ではほとんど回答が無かったのに対し30代になると増加していることも分かりました。
20代の若いときは街コンや婚活サイトなどの利用が多いのですが、30代になると昔からある結婚相談所や婚活パーティへと出会いの場が変わるようです。
男性の30代というのは一般的に「脂が乗っている」と表現されるように、仕事にも精が出て順調な時期だと言われます。その為、20代の頃よりもお見合いなどの話しも舞い込んでくることも多いのでしょう。
結婚後の事も現実的なものとして考えるようになり、容姿重視の20代と違って家庭的な女性を好むことが増えるようです。

 

先ほど30代になると20代の頃と出会いを求める場が変わると説明しましたが、これも女性の好みが変わったことと同じことが言えます。30代になると婚活を真剣に行うようになる傾向があるのです。
周りの友人達が結婚し子供も成長していく様子を羨ましく思ったりして結婚願望が強くなったり、出会いの無さからも焦りが生まれます。
その結果、若い人たちがワイワイしているような場所ではなく真剣に出会いを求めている人が集まる婚活パーティや結婚相談所の利用が多くなるようです。

 

若い女性と出会いたいなどで30代前半頃までは街コンや、比較的若い人が集まる場へ行くことはもちろんあるでしょうが、30代も後半になればそこに同世代の人はかなり少なくなってきます。
それでも若い女性を求めて敢えて同じ場所で活動している人は少数派だと言えそうです。

 

30代未婚女性の場合

容姿が重視されることの多い女性の場合、歳を取るごとに婚活が不利になりつつあります。

 

恋バナなどで盛り上がった経験のある女性は多いはずです。仲の良い友人が結婚したり子供の話しをしたりすれば羨ましいと思うこともあるでしょう。周りが続々と結婚していくのには男性以上の焦りを感じます。
しかし20代から婚活をしていた人には婚活疲れを感じる人も出てきて、利用していた婚活サイトなどから遠ざかる人もいるのです。
30代に入ると、今まで利用していた出会いの場は気付けば年下ばかりの状況や、20代限定とうたうイベントなども出てきて疎外感を感じることも。その結果、だんだんと婚活自体をしなくなることがあるようです。
早いうちから婚活しないといけないということはありませんが、婚活疲れは晩婚化や生涯未婚率を高める1つの原因とも考えられそうですね。

 

しかし、30歳になったから婚活の成功率が下がるとは言えません。20代の頃には感じなかった男性を魅力的だと思えるようになり、将来を見据えた真剣な交際を続けている人は多くいます。
男性よりも少し先の将来を考える女性の場合は、結婚後の生活や出産などの一大イベントのことも視野に入れ、男性と交際することもあります。
20代よりも落ち着いた考えができるからこそ、真剣な交際に発展することが多いのかもしれません。

 

出産などを考えるとより焦ってしまうでしょう。それは年々増幅してしまうかもしれません。そんな時こそ落ち着いて。
以前よりも婚活の頻度は少なくなってしまうかもしれませんが、一緒に将来のことを真剣に考えられる相手と出会えるチャンスは今の方があるのかもしれませんよ。