婚活 費用

注目される婚活

近年の日本には、少子高齢化や生涯未婚率の増加など結婚に関する問題が多くあります。
女性の社会進出が普通となった今では、若い世代で仕事を優先する人が増えていることが晩婚化に繋がっている問題もあります。

 

ですが婚活業界は2000年代以降活発になっていることが分かりました。

 

結婚したくないと思っている人が増えたわけでは無く、出会いが無いことを理由に結婚へ至らないケースがほとんどなのです。
SNSの利用者も増加し、ネットを使えば知らない人と繋がることのできるようになった今では「婚活」という言葉もかなり世の中に浸透していることが分かります。それだけ出会いを求める男女が多いのです。

 

これらを受け、少子高齢化や未婚率増加に歯止めをかけるべく、自民党内でも「婚活・街コン推進議員連盟」が2013年に設立されました。

 

昔と比べれば、婚活を行う場は多様化されています。
お見合いや結婚相談所だけだったのが、現在では婚活パーティや婚活サイトなど若い世代の人が集まりやすい形になりました。

 

婚活パーティでは参加者全員で料理をしたりスポーツをしたり、同じ趣味の人限定やクリスマスイベントなど1年を通して楽しみながら婚活を行えます。

 

これも、以前と比べて婚活をすることに対しての抵抗が少なくなったことが背景にあるのでしょう。

 

友人と参加したり、婚活イベントに参加したことをSNSで報告したりと、婚活に対する意識が変わってきています。

 

婚活にかかる費用

 

昔のイメージが強いのか、婚活にはお金がかかると思っている人も多いようです。
しかし近年では以前のようなお堅いイメージは無くなり、手軽で誰でも楽に参加できるものが多くなった為、かなり低い金額でも婚活サービスを受けることが出来るようになりました。

 

入会費や年会費もかからない婚活サイトなども多数ある一方で、サポートがしっかりした婚活サービスのものは少しお値段が張るようです。

 

高い料金を支払えば良い結果が生まれるとは限りませんが、それだけ他には無いサポートやオプションがあるということです。
スマートフォンの普及により婚活アプリも誕生してどこででも便利に婚活が行えるようになりました。
自分の生活スタイルや内容などをよく比較して、自分に合った婚活を行いましょう。

 

手厚いバックアップ【結婚相談所】

 

結婚相談所は昭和40年から続く結婚相手紹介サービスです。結婚相談所への入会が必須なので、結婚について特に真剣に考えている人が参加しています。
現在およそ4,000社ある結婚相談所を、50〜60万もの人が利用しています。

 

担当者を付けてもらい、希望に合った相手探しから日程調整、結婚までのカウンセリングを行ってくれたりと手厚いバックアップが特徴です。

 

入会費は10万程度が一般的で、月額費におよそ2万円が必要です。

 

近年ではインターネットの普及により、面談以外のサポートを電話やメールなどで対応してくれることも多くなりました。

 

必ず参加者全員と話せる【婚活パーティ】

 

近年急に人気が出た婚活パーティですが、実は昔から存在し、以前は結婚相談所が運営していました。その頃は費用の高さや会員登録が義務付けられていたなど、現在のように気楽に参加できるものではありませんでした。

 

近頃は婚活パーティ専門の企業が増えたり、友人との参加が可能、手頃な費用で利用できることが多くなってきています。
イベントが盛り込まれた婚活パーティや、実際に体験するなど、一年中楽しみながら行える婚活パーティがあります。

 

参加人数は8〜20人規模が一般的ですが、パーティの内容によって大きく変動します。
また、街コンのようにたくさんの人が参加しますが街コンとは違い、参加者が真剣に婚活をしていることと必ず全員と話すことが出来ることが魅力です。

 

婚活パーティでは受付時に身分確認を行うことも多いので安心して参加できるのも特徴に挙げられます。

 

手軽に多くの人と出会えるサイト【婚活サイト】

 

最も手軽にスマートフォンやパソコンだけで出会いたいなら、婚活サイトでしょう。
SNSと連携や、誰もが聞いたことのある企業が運営していたりと、今では多くの婚活サイトが存在します。

 

出会い系サイトを利用した業者やサクラの対策として本人確認を行うなど、悪質ユーザーの利用が無いことをアピールした婚活サイトが多いです。
スマートフォン1つでも利用できることから20〜30代の利用が多いのも特徴です。

 

月額3,000円前後で利用できることが多く、入会費やオプション機能を利用する際には別途支払いが必要になる場合もあります。
女性は基本的な機能は全て無料で利用できることが多いようです。

 

”婚活”サイトなので真剣な出会いを求めている男女が多いものの、下心があったり軽い気持ちで利用している人も多いのが現実です。手軽さゆえにそういった人が集まりやすいのかもしれませんね。
しかし、きちんとしすぎた婚活サイトではぐんと利用者の年齢が高くなったり、利用料が高くなるなどで利用しづらいこともあります。

 

自分にとって便利な婚活サイトを利用することで、手軽に出会いを見つけることが出来ます。

 

地域活性化を目指した合コン【街コン】

 

商店街などの飲食店を合コン会場とし地域活性化を目指す街コンは、様々なメディアでも取り上げられる程知名度も高く、特に若い世代に人気の出会いの場になりました。
「街を盛り上げる合コン」という意味からできた造語で、2004年に宇都宮で行われた最初の街コン(宮コン)から全国へ広まり、現在では街コンを専門に主催、運営する会社も多くなりました。

 

参加費の目安は男性が7,500円、女性が5,500円程度で、20〜50人の参加が一般的な街コンの規模です。

 

参加者の多さが1つの特徴である街コンですが、全員と話せることは無いに等しく、時間内にどう相手に印象を残せるかが勝負のようです。